2009年07月15日

近所のPP

「ひさしぶりね」の続きです。

先週末、仕事が終わり、飲みに行った帰りについ近所のPPに行ってしまいました。以前も登場したと思いますが、私の同級生のご両親が経営しているところで、私の同級生はマネージャーなのですが。。。

その店は紆余曲折あり、あまりメンバーが固定しなくて、固定しても大して若くて可愛い子がいるわけではないのですが、何故か少数ながら固定客がいます。私もそのひとりではありますが。。。

さて、3週間ぐらい前にちょこっと顔を出した時、以前のメンバーが誰もいなくて4月ぐらいに行った時にいたNewFaceがすでに古株みたいな顔になっていたのですが、先日行くと前のメンバーの残党が一人いました。彼女は非常に酒癖が悪く、飲むと脱ぎます。しかも、お腹ぽっこりだし、子供もいるぐらいで結構な年なんだと思いますが、とにかく明るい!こういう子は恋人にはならないけど、一緒にいてとても安心します。

店に入ると、知った顔が2人、知らない顔が2人で4人しかないかったのですが、お客も1人ということでほぼ全員指名状態。しかし、その一人は結構なベテランらしく、みんな懐いてました。私はマスターの計らいにより、高い金額の支払は発生しないので、ドリンクぐらいは飲ませるけど、それ以外はキャッシュでカラオケ払うぐらいしかしません。

二人が私のところにやってきて、フィリピンはいい国だとかダバオはきれいだとかカミギンいきたいだとか、いつもどおりのくだらない話で盛り上がっていました。ちょいと二日酔いだったこともあり、私は大人しく飲んでいると、古株の残党がやがてこっちの子とチェンジしました。彼女はひさしぶりね、っていうんで、先日来たらいなかったよって言ったら、木金土しかいないからだと言っていました。

昔のみんなはどこいったの?なんて話をしていたら、蒲田にいるよ、なんて言っていましたが、新店にいったけど、誰もいなかったよ、なんて会話をしつつ、私のホームグラウンドだった五反田の話になりました。五反田は、だいぶ詳しいし、いろいろ話していると、彼女はどうもこの前の新店のブログに出てきたアイビーと友達らしいのです。

彼女にアイビーに会ったよ、って言ったら凄く驚いてました。彼女は子供もいるんだよってその子がいうので、知ってるし、お母さんも知ってるし、年末にフィリピン人のお父さんの方にも会ったよって言ったら、とっても驚いてました。今度は蒲田に行ったらアイビーでも指名しようかななんて思ったりして、世間が狭いということを思い知りました。

もう一人のお客さんが帰ってから、みんなで歌を歌って、2時ぐらいには家に帰りましたが、それはそれは楽しい時間でした。また頑張って息抜きにPPぐらいいけるように頑張ろうと思う私でした。。。(笑
posted by Sweethome at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンパブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。