2009年07月15日

近所のPP

「ひさしぶりね」の続きです。

先週末、仕事が終わり、飲みに行った帰りについ近所のPPに行ってしまいました。以前も登場したと思いますが、私の同級生のご両親が経営しているところで、私の同級生はマネージャーなのですが。。。

その店は紆余曲折あり、あまりメンバーが固定しなくて、固定しても大して若くて可愛い子がいるわけではないのですが、何故か少数ながら固定客がいます。私もそのひとりではありますが。。。

さて、3週間ぐらい前にちょこっと顔を出した時、以前のメンバーが誰もいなくて4月ぐらいに行った時にいたNewFaceがすでに古株みたいな顔になっていたのですが、先日行くと前のメンバーの残党が一人いました。彼女は非常に酒癖が悪く、飲むと脱ぎます。しかも、お腹ぽっこりだし、子供もいるぐらいで結構な年なんだと思いますが、とにかく明るい!こういう子は恋人にはならないけど、一緒にいてとても安心します。

店に入ると、知った顔が2人、知らない顔が2人で4人しかないかったのですが、お客も1人ということでほぼ全員指名状態。しかし、その一人は結構なベテランらしく、みんな懐いてました。私はマスターの計らいにより、高い金額の支払は発生しないので、ドリンクぐらいは飲ませるけど、それ以外はキャッシュでカラオケ払うぐらいしかしません。

二人が私のところにやってきて、フィリピンはいい国だとかダバオはきれいだとかカミギンいきたいだとか、いつもどおりのくだらない話で盛り上がっていました。ちょいと二日酔いだったこともあり、私は大人しく飲んでいると、古株の残党がやがてこっちの子とチェンジしました。彼女はひさしぶりね、っていうんで、先日来たらいなかったよって言ったら、木金土しかいないからだと言っていました。

昔のみんなはどこいったの?なんて話をしていたら、蒲田にいるよ、なんて言っていましたが、新店にいったけど、誰もいなかったよ、なんて会話をしつつ、私のホームグラウンドだった五反田の話になりました。五反田は、だいぶ詳しいし、いろいろ話していると、彼女はどうもこの前の新店のブログに出てきたアイビーと友達らしいのです。

彼女にアイビーに会ったよ、って言ったら凄く驚いてました。彼女は子供もいるんだよってその子がいうので、知ってるし、お母さんも知ってるし、年末にフィリピン人のお父さんの方にも会ったよって言ったら、とっても驚いてました。今度は蒲田に行ったらアイビーでも指名しようかななんて思ったりして、世間が狭いということを思い知りました。

もう一人のお客さんが帰ってから、みんなで歌を歌って、2時ぐらいには家に帰りましたが、それはそれは楽しい時間でした。また頑張って息抜きにPPぐらいいけるように頑張ろうと思う私でした。。。(笑
posted by Sweethome at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンパブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

「ひさしぶりね」

「ショータイム」の続き

ショータイムの最後はみんなが一人ひとり出てて来てご紹介タイムなのですが、テーブルの前を一つ一つ回ってアピールしていました。昔のショータイムなら1000円札いっぱい持ってきて、胸に挟んであげたんですけど、こういうことだとは知らなかったので、今日はもってきていませんでしたので、はさんであげることは出来ませんでした。

そして、一人、やっぱり見たことある子が2番目に紹介され、私のテーブルの前を通った時に、「ひさしぶりね」と声をかけていきました。多分、以前よく行ってた店にいた子で、何度も話をしたことがある気がしますが、全く名前が思い出せません。フィリピン人にしては大柄なその子も結構好みではあるのですが、ちょっと魚系の顔をしています。決して不細工なわけではないのですが、日本で受ける顔でもないかなという気がしました。

今度行ったらその子を指名したいと思っているのですが、何せ名前もわからず、しかも毎日みんないるわけではないようなので、その辺がちょっと微妙です。しかも、先輩の彼女、以前ここのブログでミッシェルという子を紹介してるのですが、そのお姉さんなので、他の子を指名するのもなんだか抵抗あるしなぁなんて思っていました。お姉さんは私に、早くミッシェルもらってくれといつも言っています。でも、彼女は可愛いけどまだ20歳だし、わがままそうなんで、毎日喧嘩とかしたくないですからね。よく考えさせて欲しいものです。

さて、他の子も一通り紹介が終わり、またみんなが席にもどってきて、先輩の彼女も戻ってきました。このセット、私全然楽しめないんですけど、まあ、それでもこのフィリピン的な雰囲気が大好きなので、なんとなくゆるーい空気の中で過ごしていました。

そのうち同伴で来たお客様が帰っていくと、そこについてた子が、「こんばんわ」って、挨拶してきました。私は、なーんだ、やっぱりわかってたのかと思って、返事をしました。実は、年末に前の彼女とデートしている時、川崎で出くわした事があり、よく知ってる仲でもありました。やっぱり同伴のお客様に気を使ってたんだなぁって思ったら、急に心にきっかかってたものが取れたような感じになって、ほっとしました。何せ、私が結構気に入っていた子なのに、他の子がいつも指名でいたので、なかなか話せない感じだったので、今度はここにきたらたまには話できるかなぁって思って、います。

そして、私たちは先輩の終電が早いので11時にはお店を出ました。久々でもないんですけど、お客さんがいっぱいの店ってやっぱり活気があっていいですよね。私も久々に元気が出ました(^^)

早く生活も普通にもどしてまた、フィリピンパブぐらいいけるようになりたいと思います。
posted by Sweethome at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | フィリピンパブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

ショータイム

「新店PP」の続きです。

隣に同伴でやってきたこの子、前の店ではアイビーという子だったのですが、ここでの名前は聞きませんでした。今度行っていたら聞いてみようと思います。

昔、五反田のフィリピンパブによく行っていた頃、私が指名していたJという子がいて今は小岩にいると思うのですが、彼女を指名しているのであまり他の子と接点がなかったのですが、私が油断して寝てしまったとき、起きたらテーブル一杯に食べ物が乗っかっており、別に二人の子が座っていました。あー、やっちまったと思っているとJは彼女は入りたてで指名がないから場内だけ指名したと勝手に指名した子がこの子でした。黒髪で目は黒く、とっても可愛い。私はすぐに好きになりましたが、その後、名前も忘れてしまい、たまーにフリーでいくときに着くぐらいでした。

もう一人、ミカという子もそのときに会いました。この子も大好きだったのですが、金持ちらしく、フィリピンによく帰っていました。後から聞いた話では、日本人の旦那がおり、子供もいるらしく、日本語が達者で、なんか日本人のあしらいもうまく、一緒にいるとなんか安心できる子でした。この子は最近会ったことがないのですが、私のお気に入りの一人で、どこにいるか知りたいと思っている一人です。

さて、そのアイビーは隣にいるにも関わらず、全然こっちを見ない。見ないようにしてたのでしょう、同伴のお客さん大事ですからね。そして、もう一組、私たちのテーブルに座りました。これは夫婦で、奥様がここのママのところで働いてた子で、今も多分同伴扱いで来ているのだと思うので、その新しい店で働いているのでしょう。

彼女も前に会ったことがあったので、彼女と旦那様にご挨拶をしていろいろと話をしていました。

10時40分ごろになり、女の子が控え室にさーと引き上げていくと、ママがおもむろにマイクをとりアナウンスを始めました。そして、ショータイムの始まりです。ビーチボーイズの曲に乗せて5人の子がステージではなく、フロアの真ん中でショーを始めました。まあ、決してうまくはないのですが、元ダンサー達なのか、体の切れがよくそれはそれで楽しめました。

そして、その次に最初についた子がセクシーダンスと称して、Tバックに黒いスケスケのネグリジェみたいなものを羽織ってダンスをはじめました。彼女は小さくていかにもフィリピーナなんですが、動きは抜群によく、久しぶりにセクシーダンスを見た気がしました。表情もとてもセクシーでなんか懐かしい気分になりました。そういえば、最初に席に着いたときに、緊張していると言っていたのですが、この事だったのだなと、後からわかりました。

そして、それが終わると今度は全員が出てきて、みんなの前でご紹介タイムが始まりました。
posted by Sweethome at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンパブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

新店PP

ちょっと旅行記お休みです。
正直思い出すのが大変です。最初の2回は鮮明に覚えているのに、なぜその後は思い出せないのでしょうか?やっぱり初めてのフィリピン、そして一人でミンダナオを行き来した2回目が印象に残ったのでしょう。そしてそのあとは行動パターンがある程度決まってしまっているので、いつがいつだかわからないのだと思います。

さて、先日久々に、といっても実はこの2週間で3回ぐらい行ってるんですけど、蒲田の新店に行ってきました。知り合いの方がそこにガールフレンドがいて、そこがたまたまイベントだったので来いということだったので行ってきました。

新店といっても、以前もそんな店だったのか、フィリピンパブ独特のにおいがしていました。ドアのところからフィリピンの匂いが立ち込めておりました(笑)。なかなかいい感じ。実はそのガールフレンドも私は知っていて、前日にメールが来たのですが、急に行って脅かそうということになっていたので、返事をしませんでした。

この彼女、奇跡的な事をする子で、私が台湾からLAまで船で移動している間、真夜中に日本のそばを通ったのですが、そのときに電話をかけてきました。私熟睡していて気付かず、そのあとメールがきたようだったのですが、何も知らない彼女は「本当に台湾に行ってるの?あやしいなぁ」とメッセージを送ってきたのでした。12日間でたったの3時間、しかも、つながったりつながらなかったりしている時に、彼女はしっかり電話をかけていたことに驚きました。実はその日がお店のオープンの日で、電話は夜中の3時近かったと思います。

さて、その店の扉を開けて店に入ると、彼女は驚いたように目を回していました。そして、「どーしたのー、久しぶり!」と思わず抱き合ってしまいました。人の彼女なのに危ない危ない。気をつけなければいけません。ただ、彼女は僕の事を恋人ではなく、友達として、一人のフィリピーナの味方だという捉え方をしているようです。

お店はイベントでごった返しており、今でもこんな店があるんだなぁと思うぐらいでした。そりゃ驚きました。私たちは端っこの席に案内され、ママさん代わりのその子があっちこっちに気を廻しながら、たまーにやってきては話をしたりしていました。久々のフィリピンパブもなかなか楽しいもんだなと思いました。

他のついた子は美人ではないけれど、いかにもフィリピン人といった感じの小さくて細くて、でも動きの切れがいい子でした。ちょっと年はいってるのかな、といった感じですが、私はそんなに嫌いな感じではありませんでした。

その子がどっかに行ってしまい、代わりにその彼女が私たちのところに来ました。彼女とは本当にいろいろと話をしたり、以前このブログにも登場したことがある妹がいるのですが、その子を早く嫁にもらえといつも言っています。その妹は1月にフィリピンに帰ったのですが、かわいいけど、とってもわがままで、あのままじゃ結婚できないなって感じですが、可愛い妹みたいな感じで、たまにメッセンジャーで話をしています。

ふと目をやると遠くで見たことある顔がいました。しかも数人。どこの子かはわかりませんが、多分よく行っていた店の子でしょう。その店は今は、日本人とフィリピン人がいるキャバクラになっています。そして、そのタイミングでみんな辞めてしまったようでした。私は確信がないし、そこであった記憶もあまりないけど、よく見た顔だなぁと思って、ずっと考えていました。

そして、隣の席に同伴のお客様がやってきました。席に座り、ふとその子を見ると、この子はすぐにわかりました。年末にフィリピン人の彼女とデートで川崎にショッピングに行った時、出くわしたアイビーという子でした。この店ではなんていうんだろう?同伴のお客さんに悪いんであまり目を合わせないようにしていましたが、目の前にいるのでつい見てしまいます。

この子、実は前の店に来た時から好きだったんですよね(^^)
posted by Sweethome at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フィリピンパブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

大好きなビーチ

すいません。更新が滞りがちです。先週、プライベートでトラブルがあり、ショックでなかなか書けませんでした。私ではないのですが、心身症みたいなものには皆様も気をつけてくださいね。

「二人の時間」の続きです。

泳げないニニンがなぜ、プールで泳ぎたいと言っているのか、最初はよくわかりませんでしたが、一緒に泳いでいるうちに楽しい、楽しいといっているのを聞いて、泳げないんじゃなくて泳ぐ機会がなかったんだなと思いました。そして、私の背中の上に乗っかって、私が泳ぐところにただついて来るだけでもとても楽しそうな彼女を見て、私まで楽しくなってきました。

プールは通常昼に洗ったりしているようなのですが、その日は私たちが急に前日宿泊し、昼に泳ぎたいと食事の時に言っているのを聞いて、ホテルの人が気を利かせて10時過ぎにお掃除をしてくれていたようでした。

泳ぎ着かれて眠くなってきました。彼女を見ると、ちょっと唇が紫になっていました。やっぱり温水じゃないので、水だけだと決して冷たくはないのですが、彼女たちには冷たいのかもしれないと思い、プールを出て部屋に戻ろうかと思いましたが、せっかくのリゾートなので、コテージの前にある掘っ立て小屋みたいなベンチに二人で行きました。私も彼女ものんびりとそこで緩やかな陽を浴びながらうとうとしていました。

昼になり、ボスが探しているようでしたが、私たちがビーチにいるとは思わず、全然気付かない様子でした。さすがに暑くて、しかも、彼女がくっ付いているところだけがやたらと暑かったので目が覚め、ビールでも飲みにいこうかと思ったのですが、昼に近かったので、ニニンも起こしてランチを食べに行きました。ボスはすでにシエラと食事をしていました。

ボスはほとんどお酒を飲まないので、なんかマンゴーシェークかなんかを飲んでいました。私たちも普通にメニューを見てシニガンかなんかとBBQみたいなもの、ご飯を頼んで食事を取りました。私はもちろんサンミゲルを飲みながらです。本当にカラッとした暑さのここは飲んだビール分だけ、その場で汗になって出て行くので酔っ払わず、おいしいビールが飲み続けられるのが魅力です。

午後は暇なので、街にでもいこうかと思っていましたが、ボス達は寝ているようでした。ホント、何しに来てるんでしょう、彼ら。私たちは結局夜までビーチサイドでのんびりして、夕方16時過ぎに少し涼しくなって雨が降りそうな感じになったとき、部屋でいつの間にか寝ていました。明日はまた別のところへ移動なのですが、そろそろ日本のメールもみなければならず、ちょっと焦っていましたが、こういう何もないところでは逆に諦めもつきます。知らないことにしてその日を過ごしていました。

夜は近くのシーサイドレストラン(以前出てきたところではない)に行こうとタクシーを呼んでもらい、みんなでリゾートの門をでて大通りでそのタクシーを待ちました。
posted by Sweethome at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 3度目のフィリピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。